MATSUMOTO KOKUSAI

TRACK & FIELD TEAM

2022年
 全国高校総体 6年連続出場
(男子 八種競技・砲丸投・棒高跳・走高跳 )
(女子 やり投)
八種競技 梶川新 5749点 北信越高校記録


男子八種競技 

梶川 新  5749点 北信越高校記録樹立

(2022.6.18) 



フィールド・駅伝歴代記録

- 2022 PICK UP ATHLETE - 

梶川 新(3年)

【八種競技】山辺
北信越高校総体2連覇、5749点の北信越高校記録を樹立。

中村 駿汰(1年)

【110mH】旭町
県春季では110mJHで大会新での優勝を果たす。中学時代に達成できなかった全国制覇を目指す。U16選手権男子110mJH出場予定。

筒木 順(2年)

【三段跳】高綱
2022県高校新人で13m62をマークし準優勝。北信越での入賞を狙う。

小松 理紗(2年)

【100mH】信明
今シーズン14秒台に突入。来シーズンのインターハイ出場を目指し、ハードリングに更なる磨きをかける。

中村 伊吹(3年)

【走高跳】岡谷南部
中学時より40㎝以上記録を伸ばし、2m00ジャンパーとなる。学校記録の更新を狙う。栃木国体少年男子走高跳出場予定。

増澤 美優(3年)

【やり投】両小野
44m21の自己記録、北信越新人では準優勝を果たす。U18選手権女子やり投出場予定。

髙橋 勇翔(3年)

【砲丸投】開成
長野県中学記録保持者。今季、14m86のベストをマーク。県高校記録更新を狙う。

中谷 息吹(3年)

【棒高跳】三郷
北信越総体3位入賞。100m10秒台のスプリントを生かし4m80を目指す。

東京2020オリンピック代表 デーデー・ブルーノ(SEIKO)

【2021年日本選手権】100m&200m 準優勝
本校卒業(2018年)のデーデーブルーノが昨年の日本選手権におきまして100m・200mともに準優勝することができました。この結果より東京オリンピック4×100mRメンバーに選出されました。東海大陸上競技部の監督コーチはじめ関係の方々ご支援ありがとうございました。また、多くの方々から温かいご声援をいただいたこと感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。
(写真:東海大学陸上競技部)

東京2020オリンピック代表 デーデー・ブルーノ(東海大4年)

【2021年日本選手権】100m&200m 準優勝 
本校卒業(2018年)のデーデーブルーノが日本選手権におきまして100m・200mともに準優勝することができました。この結果より東京オリンピック4×100mRメンバーに選出されました。東海大陸上競技部の監督コーチはじめ関係の方々ご支援ありがとうございました。また、多くの方々から温かいご声援をいただいたこと感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。
(写真:東海大学陸上競技部)

【部活動見学・体験】随時実施!連絡お待ちしております。

経験や成績は一切問いません。「本気で陸上競技がしたい!」その気持ちさえあれば誰でも歓迎します。

下記フォームからお気軽にご連絡ください。

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました